archivist_kyoto の雑記帳

ネタを考えるための雑記帳です。 NO HUG NO LIFE

アーカイブサミット2017 in 京都 事務局幹事としての雑感

前口上

2017年9月9日・10日に京都府立大学等で開催したアーカイブサミット2017 in 京都について、事務局の幹事としてちょっと雑感を書きつけておく。

こういうことしないタイプ(だいたいここも閉店状態)なんですが、江上さんの以下の名エントリーに触発されて、僕の視点で書いとく、ってのも良いかと。

まあ、どうせこのあと報告も書かないといけないし、いつ時間取れるかかわかんないので、サクッと(足らずはご指摘もいただいて、のちのち修正という前提で)。

 

f:id:archivist_kyoto:20170909171657j:plain

f:id:archivist_kyoto:20170909184851j:plain

f:id:archivist_kyoto:20170910120755j:plain

f:id:archivist_kyoto:20170910105910j:plain

f:id:archivist_kyoto:20170910134922j:plain

大雑把なふりかえり

このアーカイブサミット、以下のような概要でした。

● 主催
アーカイブサミット組織委員会
委員長|長尾真 [京都府公立大学法人理事長・元京都大学総長]
アーカイブサミット2017 事務局長|吉村和真 [京都精華大学副学長・教授]

● 共催
京都府 / 京都市 / 京都府立大学 / 京都文化力プロジェクト実行委員会

● 協賛
株式会社アーイメージ / 株式会社カーリル / 京セラコミュニケーションシステム株式会社 / 株式会社Stroly / デジタルアーカイブ推進コンソーシアム / 凸版印刷株式会社

http://archivesj.net/summit2017top/

で、中身は、これこそ上記の記事を借用(適宜編集)して以下。

○Togetter
・#アーカイブサミット 2017 in Kyoto 9/9(土) 1日目 ~ファシグラ、ジャパンサーチ、トレンド~ - Togetterまとめ
 https://togetter.com/li/1149122
・#アーカイブサミット 2017 in Kyoto 9/10(日) 2日目 ~ユーザとクリエイターの間で~ - Togetterまとめ
 https://togetter.com/li/1149479

○参加者のレポート
アーカイブサミット2017に参加しました(前編:1日目) 
 http://www.gojo-partners.com/column-ps/2252/
アーカイブサミット2017に参加しました(後編:2日目) 
 http://www.gojo-partners.com/column-ps/2275/
・[DHM074]人文情報学月報 イベントレポート「アーカイブサミット2017 初日参加記」
 http://archives.mag2.com/0001316391/ (なおおそらくこのURLは後日別の記事に書き換わる)

京都新聞の記事
・(開催前)「眠る文化資源、連携でネット検索容易に 京都、9月サミット開催」
 http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20170826000035
・(開催後)「活用できるアーカイブへ 京都でサミット」
 https://twitter.com/archivist_kyoto/status/909663198390841344

○録画
 これは参加者さんによる私的録画の投稿です。
https://www.facebook.com/michiko.yamakawa.737/videos/1345817035537460/
https://www.facebook.com/michiko.yamakawa.737/videos/vb.100003275296119/1343356822450148/
https://www.facebook.com/michiko.yamakawa.737/videos/vb.100003275296119/1344163752369455/

○グラフィックレコード
 これも事務局によるオフィシャルな画像は追って。
http://twitter.com/egamiday/status/906408195941216257
http://twitter.com/egamiday/status/906408441253552128
http://twitter.com/egamiday/status/906408876559392768
http://twitter.com/egamiday/status/906409146479607808
http://twitter.com/egamiday/status/906409263521685504
http://twitter.com/egamiday/status/906504322199851010
http://twitter.com/egamiday/status/906504765114163205
http://twitter.com/egamiday/status/906505037051920394


http://egamiday3.seesaa.net/article/453865890.html

 や、報告書つくります。
成果も整理して公開します。だって中身むちゃくちゃ面白そうだもん。
(僕も実はほとんど聞けてないという…)

僕の立場と役割

僕の立場は、事務局の幹事(のようなもの)。
上記のように、組織委員長は長尾さん、事務局長は吉村さんだったが、実際にはお二人とも大変お忙しく、また当初にお願いした際のお約束もあり、事務局のまとめ役を僕がすることに。

もともと、アーカイブサミットの3回目は京都で、という話は2015年の初回の時からあって、その話を請負ってしまったのが僕だった、という行きがかりもあって。

で、役割は何かという。

大雑把にいうと、全体の構成を作って、報告者と事務局担当をお願いして、資金を調達して、全体を見て調整をするという機能を担いました。
ああ、幹事というか、プロデューサーというか。

それぞれの役割について少し詳しく書いとく。

サミット当日までの時系列

上記のように、2015年から言われてて、来るのはわかってたんですが、具体には以下のエントリでスタートが確認できる。

2016年8月9日の午後に電話をもらって、すぐ江上さんに電話して、夜に合流してご飯食べながらだいたいの枠組みを作った(ということは、13か月のプロジェクトであるという…)。 

で、その直後、
2016年8月19日に東京からの2名を加えた関係者9名が集まった会食があって、これが事務局の初顔合わせ的な感じになった。

その後も、月1回ぐらいで会食や会合を重ねる。東京での会議のついでに2016年の事務局メンバーと打合せもした(NDLの食堂だった)。この間、2017年5月ぐらいまでに、構成の詳細が諸調整の上決定し、共催・協賛団体との話が始まった。

2か月半前の2017年6月27日から、毎週月曜日の19:00から21:00までの定例事務局会議がはじまる。この定例会議は開催1週間前の9月4日まで、10回に及ぶ。
毎回、4~8名が忙しい中時間を作って集まってくれた。
会場としては以下の2箇所に非常にお世話になった。

ssl.mos.jp

kyoto-de-meeting.com

あと、このお店を発見したのは思わぬ副産物(ようするに毎回一杯飲みしてた)。

https://www.facebook.com/oikekarasuma/

ここにも出没してた。

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270107/27004197/


全体の構成

2015年、2016年のアーカイブサミット、またそれにとどまらないアーカイブをめぐる議論を観測していて、また東京じゃなく、京都でやるという意義を念頭に置いたときに、以下の要素は当初からあった(気がする)。

・デジタルアーカイブを徹底的に使っている利用者の視点を投入すること(結局、提供者間での議論でしかないし、その際の利用者像がふわっとしすぎ)
・現物資料の調査・保存の過程とデジタルアーカイブの議論をつなぐこと(これが東京では断絶してるように見えていた)
・空間をテーマにしたセッションを入れること(立命館の存在)
・新しいメディアのアーカイブ化をめぐるセッションを入れること(この方面は関西が元気)

で、梅林秀行 (@chang_ume) | Twitterさんと河西 秀哉 - 研究者 - researchmapさん、古賀 崇 - 研究者 - researchmapさん橋本 雄太 - 研究者 - researchmapさんあたりにはスピーカーをお願いしたいとは当初から思っていた。この方々をキーパーソンに組み立てていった感じ。

各セッションのコーディネーター、ミニシンポ・シンポジウムの報告者への声掛けは僕が主にしたけど、実際の調整は江上さんが長文メールを大量に書いて、やり切っていただいた。すさまじかった。

あと、テーマというかスローガンとしての「社会のアーカイブ化」「アーカイブの社会化」は最初に思いついてて、これは大事に守った。

もう一個こだわったとすれば、ファシリテーショングラフィックの導入。

www.homes-vi.org

初日のセッションがパララレル3つ×2ターンであることから、成果を参加者全員で、その場で共有するためには必要な仕掛けと考えて、ご無理をお願いした。

非常に困難な条件のなかで、素晴らしい仕事をしていただいた。9日のプログラムはこの方たちのおかげで大変締まったものになった。

f:id:archivist_kyoto:20171002185816j:plain


事務局

アーカイブサミット組織委員会、と麗々しく名前がついているがが、今回のサミットの事務局は完全に有志のボランティアベースで運営した。

一般参加者だったはずの方も含め、各方面に(無理矢理)お願いし、アルバイトもお願いすることで、最終的には27名という陣容で臨んだ。

しかし、準備段階で念入りな調整と準備をしていただいたのは6名~8名のコアメンバーだった。多分、関西で、機動力と、気配りと、丁寧さ(全部僕にはない)という意味で、最優秀の人材をコアメンバーに迎えることができた。

行政との調整、会計、内容の詰め、会場、受付、とそれぞれが重要な役割を担っていただいた。あと、そのなかで職業司会者(江上さん)を確保できたことで、僕はかなり楽させてもらった。

本当にみなさんがそれぞれ先に先に、足りないところ足りないところに動いていただいた。主にメーリングリストで情報のやり取りと調整を行い、週1回の事務局会議は、メールでは詰められないところを議論する形を取った。感動的なメーリングリストのログを公開したいぐらい。

このメンバーにはしばらく(というか相当長期間)頭上がりません。お返しになんでもしますから申しつけてください。f:id:archivist_kyoto:20170828204118j:plain


資金調達と展示

具体の役割分担で、僕が実務を担ったのはここ。
各企業・団体さんには、ある意味正体不明の企画なのに、しっかりと関わっていただいて、本当にありがとうございました。
その中で、アーイメージさんから早々にご支援をいただけたこと、事務局住所を置いたポット出版の沢辺さんから特段のご提案とご厚意をいただいたこと、Strolyさんに当日パンフと昼食マップで非常にお世話になったことを特筆しておきたい。

参加団体には十分にメリットがあったと思っていますが、足らずの部分は、また僕の体で払います…。


反省点

1年に週末は52回しかないのでどうしようもないとはいえ、他の類似のイベントとまるかぶり、あるいは隣接したのは、正直しんどかった。また、海外での会議や研究会のハイシーズンでもあって、博物館関係のキーパーソンが海外での会議とかぶって不参加、事務局メンバーも直後にオスロに出張というハードスケジュールも発生した。

あと、予見されていたけどその予見が(カッサンドラ的に)見事に的中した。事務局は関係なく、外的要因によって、当日もいろいろバタバタしたが、ご厚意を寄せていただいた方々によって、その分をカバーでした。しかし、あれはいずれなんとかしなければならない。

 

おわりに

という訳で、参加者のみなさん、発話者のみなさん、共催・協賛団体のみなさん、事務局に巻き込んじゃったみなさんのおかげで、なんとか開催できました。

年初のエントリーで、以下のように書いてた「大物」はこれでした。 

9月の大物 9月に大物があるので、それに向けて油断なく、かつ、折に触れて根回しをやること。中身は自信あるけど、外形的要素は不安しかない。各方面に保険をかけつつやるしかない。

2017年の抱負? - archivist_kyoto の雑記帳

まだ、内容を消化できてないし、報告書の作成という大きな山がありますが、この蓄積をもとに、いろいろ考えていきましょう。

今回掲げた「アーカイブの社会化」というスローガンのうち、「社会化」には「発達」という意味内容があるとの指摘を当日いただいた。

そう、われわれはまさに、アーカイブの社会化の過程をともにすごしている。今まさに発達過程をみんなで作って/立ち会っていて「アーカイブ【が】社会化」するため、どう行動するかが問われれている。

アーカイブという概念の外縁を最大限に広く取って、知を切り出し、蓄積し、循環する仕組みを、まだ見ぬ形で想像し、そこにむかって議論して、社会的・システム的に実装しましょう。

f:id:archivist_kyoto:20170910200943j:plain



日本図書館研究会大会シンポジウムでの発言要旨

2016年度日本図書館研究会研究大会のシンポジウムで振られてしまってしゃべったこと*1

https://www.instagram.com/p/BQrI5UJFk_R/

きた。近い


日本図書館研究会公式アカウント

twitter.com

 

当日のハッシュタグ

twitter.com

 

1日目まとめはこちら

togetter.com


 

「右翼席に座っているので、あえて【保守的】に3点申し上げます。

ひとつは、

連携サービス・複合施設と考えた時に、コンテンツでの連携、ということがあらためて図書館側からも提起されて良いように存じました。

施設・組織・機能の連携の課題と実践は、常世田報告でも、塩尻の機能融合や岐阜での意識改革、吹田の未成年対象サービスの一体化というところで論じられました。
しかし、コンテンツという観点があまり感じられませんでした。

従来型のコンテンツ連携ということではMLA連携があります。この点、常世田報告において、生涯学習系の一部ということで簡単に触れられ、他報告でも力点はコンテンツにはあまりなかったと存じます。しかし、近代以降の「図書館」と呼ばれている施設において蓄積された資料の多様性を念頭に置くとき、その程度の位置づけでよいのか、という疑問があります。

また、将来に向かっても、NDLサーチがMLAを含みこんだジャパンサーチへの展開を見据えているとき、図書資料だけじゃないデジタル・現物資料を含みこんだ多様なコンテンツを自在に扱える、という連携の方向はもっと強調されてもよいと考えます。

これまで、県立レベルでも山口・新潟、京都などをはじめとして、多くの複合施設・複合機能の経験があります。大学図書館ももちろんたくさんの経験があります。
岐阜のカニの話のような地域の活動も、他者が活用できるように保存・登録すれば、コンテンツとしてとらえられると考えます。

しかし、情報を取り扱い、それを市民社会に提供するところから出発しているはずの「図書館」を軸に考える以上、コンテンツ面での連携・融合をどう鍛えなおすか、が改めて重要と考えます。

ふたつめは、

コンテンツの話とも連動しながらですが、図書館の機能はなにか、ということです。

常世田報告では複合相手の機能も含め、それぞれ本来の業務があるために、複合効果が薄くならざる得ないのでは、というまとめでした。

しかし、えんぱーくの報告では、価値観の体系を壊す作業し、街を考えて施設の機能を組みなおし、いままでにないサービスを作った、ということでした。
機能を見直し、融合して効果を出した、ということだと考えます。

この点は、お聞きする限りでは興味深いズレがあるように存じました。壇上のみなさんで、2017年においてのライブラリの本質的な機能とは、を論じていただければと存じます。

 みっつめは、

やっぱり評価の話だろうと存じます。端的にいうと来館者数を増やす、という一種の呪縛からの自由の問題です。

常世田報告で、ひとよせのための複合化という状況が指摘されながらも、伊東報告、吉成報告、では来館者増のための工夫という観点が前提にされていたと思います。竹林報告はすこし違った角度だったかもしれませんが。

ただ、このままでは複合化効果をより発現させるための、常世田報告での重要な指摘、政策的な厳密性、長期的な政策の存在、組織の意識改革、具体的な工夫の積み重ねが、十全に発揮されないと存じます。

創立者や改革者がいるうちはまだいいかもですが、指標がそうである以上、来館者数を稼ぐための事業に走ることになりますし、複合施設はより走りやすい条件がととのっているだけに、そこに落ち込むことにならないかと危惧します。

来館者数も大事にしながらも、複合施設は複合施設らしい、単独施設は単独施設らしい、来館者数以外の指標を本当に本気で検討してもよいのではないでしょうか。

 

報告者のみなさまから刺激をいただいて、ぱっと考えたことをまず申しました。
ありがとうございました。」

*1:当日休憩時間に予告をいただいたので、最初にふられるつもりで考えてたもの。出番が最後に来たので(かつ終了時間を守ろうとそれなりに努力した)、実際にはいろいろ修正して話しています。

2017年の抱負?

仁淀川河口

 

公表しとけばなんとかなるんじゃないか、あるいはほかの人にも「これはどうなってるの?」と言ってもらえるんじゃないか、という甘い見通しのもとにいくつか書き付けておく*1

あきらかに全項目で80点をとることはできないし、そんな性質のものじゃないけど。目標は総合65点で。

答え合わせは2018年1月に。

 

生活面

体のケア

情けないことに、もう無理は利かない。少しでも頭をクリアにするために、またいざというときに多少の飛躍ができるよう、節制するべきときは節制して、体力を温存する。そのためにもまずはいくつかの数値を人類並みに引き下げること*2

生活習慣

記録をともかく取ろう。これまでより徹底的に。体調・金銭関係・いろんな活動。見返さないだろうけど、記録を意識すると、ひとつひとつ丁寧に対処するようになるはず。

書架の整理

頭を耕すためと、空間の有効利用のために、なんとしても。なるべく本屋に近づかないように生きているけど、本や学会誌って、自分で勝手に増えていくから。

資料の電子化

書架の整理のためにも。今までもちょぼちょぼ進めているけど、本格的に。雑多なパンフ類などを捨てるために。

自分への投資

必要なところには容赦なく投資すること。家電*3やガジェット含め。人生は短い。けちっても仕方ない。

 

日常の活動

システムの勉強

最低限のところを押さえ、常にアップデートすること。自分が作る必要はないわけだけど、確認すべき点を指摘できるようにしておくこと。

メタデータの勉強

今の枠組みを殺すために必要。ものすごくおおざっぱで良いと思ってるけど、乗り越えるべき議論を乗り越えられるように、これも最低限を。

職場での企画

いくつか動かしてる/というか動かされてるものを着実にすすめること。着想はそれぞれ良いもの。ただ誰もやってないからやり方を一回一回考えるのが大変。まあ進められれば盤面を何枚もひっくり返せるはず。

各種委員会や関係企画もの

必要な時に必要な意見を言えるよう、つねに情報を整理しておくこと。ありがたいことにいろいろお声がけいただくけど、もう記憶力のキャパを超えてて、手がかりになる情報も思い出せない時がある*4

図書館史で一本

友人たちが各方面でやってることに刺激を受けている。悔しいからあんまり言ってないけど。どんなものでも良いので、なんとか一本まとめておくこと。

その他書きもの

やらないと明らかに頭が悪くなるので、継続的に短くてもまとまったものを。あまり負荷をかけても仕方ないが、まずはこのブログを少しずつ。

 

企画もの

9月の大物

9月に大物があるので、それに向けて油断なく、かつ、折に触れて根回しをやること。中身は自信あるけど、外形的要素は不安しかない。各方面に保険をかけつつやるしかない。

ダメ旅行の復活

対馬・五島平戸・祖谷・隠岐と巡ってきたダメ旅行*5も昨年は断念。今年はなんとか復活させたい。候補は南予・北信・佐渡。大穴で青島・台北あたりか。

 

 

 

*1:1月ももう10日だし、世間様は連休が済んで本格的にエンジンがかかるタイミングだけど、ひっそり出すには良いかと思って。

*2:これでも1年かけて少しは下がってるけど。まだ人類並みにならない。

*3:ルンバが衝撃的だったので味を占めてる。

*4:以下に書き出してあるけど、これで全部かよくわかってないし、臨時に徴兵される場合もよくある。

researchmap.jp

*5:2015年はこんな感じだった。

https://www.facebook.com/yukihiro.fukusima/media_set?set=a.917189418326587.1073741847.100001066126986&type=3

広告を非表示にする